車売却時には還付金がある!

車にかかる税金として自動車税と自動車重量税があります。自動車税とは車を保有している人は必ず払う必要のある税金です。4月1日現在の所有者に課せられ、4月1日から翌年3月31日の一年分を一括で支払うことになります。自動車重量税とは新車登録したときや車検を受ける時に支払う税金です。1年ごとに課され、次回の車検までの期間分をまとめて支払います。では、車の買い替えの時に自動車税と自動車重量税は返ってくるのか?中古車買取店に売ったりディーラの下取りに出した場合、自動車重量税は返ってきませんが自動車税は返ってきます。ただし、軽自動車税は返ってきません。自動車税は1年分を一括で支払うため、月割で返金されます。たとえば、11月に売却する場合、12月から翌年3月までの4ヶ月分が返金されることになります。なお、自動車税の還付金はほとんどの場合、車の買取価格に含まれています。中古車買取店の中には自動車税を搾取しようとする悪質業者も存在するので、必ず自動車税の返金について確認しておきましょう。ちなみに税金の他にリサイクル料と自賠責保険料があります。リサイクル料は返金されますが、こちらも買取価格に含まれていることが多いので確認を行いましょう。そして、公道を走る全ての車に課される自賠責保険料は返金されません。

 

かんたん車査定ガイドに登録されているのは優良企業ばかりですので、税金の手続きもしっかりと行ってくれます。悪質な買取業者は一切登録されていないので、安心してご利用になれます。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)