車下取りと買取りの違いについて

下取りと買取りの違いについて解説します。下取りとは新車を購入する際、今乗っている車をディーラーに引き取ってもらい、引き取ってもらった車の売却価格を新車の購入代金に充てることを意味します。つまり、新車本体価格から売却価格を引いたものが新車の購入代金となります。一方、買取りとは、中古車買取店に車を売却して現金を受け取ることを意味します。下取りと買取りにはそれぞれメリットがあります。下取りのメリットは売却から新車購入までの流れが非常にスムーズだという点です。売却と新車購入を一連の流れで行うことができるので、非常に楽です。また、新車が納車されまで今の車に乗り続けることができます。買取りでは今乗っている車を手放してしまうと新車が納車されるまで手元に車が無い状態となりますし、売却と新車購入という作業を別々に行う必要があるので多少手間がかかります。対して、買取りのメリットはオプションパーツなど細かな部分までしっかりと査定してくれることです。また、マイナーな車や不人気な車であっても、高値を付けてくれるお店もあるので、より高く車を売ることができるシステムと言えます。下取りは車を高値で引き取るということに力を入れていませんので、買取りに比べると価格が低くなってしまいます。

 

車を少しでも高く売りたいというお気持ちがあるのでしたら、中古車買取店の査定に出されることをオススメします。一括査定サイトを使えば、下取りよりも圧倒的に高く売ることができます。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)