廃車には手数料がかかります

「車が故障してしまった」「古くてボロボロになった」「新しい車が欲しい」このような理由で車を手放すときがやってきます。この時、多くの人が廃車を検討します。しかし、これは非常に勿体ないです。なぜなら、どんなに古くても、どんなにボロボロでも車に値段が付くことが多いからです。また、廃車にするには一定の手数料がかかります。車種によって異なりますが、8000円〜50000万円の手数料がかかってきます。新車を購入したい人は、なるべく出費を抑えたいでしょう。もし廃車手数料を節約できれば、その分新車にオプションパーツを追加したりできるのですから。ですので、廃車手続きをする前に買取査定に出されることをオススメします。どんなに古くても走行距離が10万キロを超えていても、あなたの車を欲しいと思っている業者が存在します。日本では廃車にするしかない車でも外国では需要がある場合が多いのです。車本体に需要が無くなっても、部品だけ取引されることもあるくらいです。ただし、買取査定に出すなら複数の買取業者から査定を受けてください。1社だけの査定だと言い値で買い取りされたり、買取を拒否されたりする恐れがあります。

 

廃車寸前の車を買取りしてもらいませんか?わずか1分で査定額がわかる車のオンライン査定サイトが便利です。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)