追突事故車は修理してすぐに売る

追突事故によって車が破損した場合、新車に戻すことはできるのでしょうか?たとえば、次のような事例があります。<新車を購入してすぐに追突事故を起こされ、車が破損してしまった。過失は追突してきた車の運転者に100%あり、こちらには過失が無い。追突によってフレームやエンジン、足回りが損傷しており修理に出す必要がある。しかし、修理してまで事故に遭った車に乗り続けたくない。そこで、新車に買い替えるたの費用を相手に請求したい。>要約すると、追突を起こされた相手から新車購入代金を賠償請求することはできるのか?ということです。この場合、追突してきた相手が完全に悪いので新車購入代金を請求できそうですが、残念ながらできません。たとえ買ったばかりの新車であっても、既に公道を走っている以上、新車の買替えを前提とした損害賠償を請求することはできないのです。確実に請求できるのは修理費用くらいです。つまり、一度事故を越して損傷を受けた車を新車に戻してもらうのは不可能だということになります。ですので、修理に出してしっかり直してもらい、すぐに売りましょう。事故車を修理せずにそのまま放置しておくと、車の価値がどんどん下がってしまいます。出来るだけ高く買取ってもらい、新車の買い替え費用に充てましょう。

 

事故車でも高く買取ってくれる業者が参加している「カンタン車査定ガイド」がオススメです。愛車の価値が大きく下がる前に、売却しましょう。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)