故障した車を売る時も買取相場を調べよう!

故障した車は売れるのでしょうか?もちろん売ることができます。故障と言っても、パンクやパワーウィンドウの故障などの軽微なものからブレーキの故障や車が動かないなどの重度なものまでさまざまあります。ただ、いずれの症状であっても価格を付けてもらえる可能性があるので、査定に出してみましょう。ただし、故障した車を査定に出す際の注意点があります。それは修理に出さずに査定してもらうことです。故障している車は正常な状態の車に比べると査定価格が下がってしまいます。そのため、少しでも査定価格を上げてもらおうと、修理してから査定に出す人がいます。しかし、修理費用を回収するほどのプラス査定になることはほとんどありません。つまり、修理してから売っても損することになるのです。また、故障車を売る場合でも買取相場を把握しておく必要があります。軽微な故障の場合でも本来の価値よりも大幅に減額してくる業者があるからです。買取相場を知らなければ、本来の価値から大幅に減額されても「故障車だから安くても仕方ない」と諦めて売却してしまいます。そうならないために、中古車オンライン査定を利用して愛車の買取相場を確認してみましょう。いろいろな買取店から査定見積もりを取ることができるので、安く買い叩こうとする業者に騙される心配はありません。

 

故障車を高く売るには、複数の買取店から見積もりを取ることが不可欠です。故障していても価格が付きますので、出来るだけ高く売りましょう。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)