水没した車を買取査定に出そう!

災害や事故によって水に浸かってしまった車のことを水没車と呼びます。水に浸かってしまうと、エンジンが壊れたり悪臭が漂ったり錆びたりしてしまい、修理に出しても相当な費用がかかってしまいます。そのため、水没車を廃車にしてしまう人がとても多いです。しかし、水没車でも買い取りしてくれる業者がたくさんあります。昔の車は冠水するとすぐに壊れてしまい廃車処分するしかありませんでしたが、現在の車は品質が高いので完全に壊れることはありません。たとえ、動かなくなっても部品だけを取り出して再利用することが可能なのです。そのため、水没車だからと言ってすぐに廃車にするのではなく、買取査定に出してみましょう。ただし、買取査定に出す時は少しコツがいります。水没車を買取ってもらうには、海外に中古車を輸出している業者から査定を受けてください。水没車は部品だけを取り出して再利用できますが、その部品を再販できるルートをたくさん持っている業者の方が買い取りしてくれやすいのです。また、海外では水没した車は再生され、再利用されています。国内で走れなくても海外ではまだまだ走れます。このような理由から海外に中古車を輸出している業者の方が買い取りしてくれる可能性が高いのです。

 

一括査定に申し込んで水没車をなるべく高く買取ってもらいましょう。海外輸出業者もたくさん参加しているので、水没の度合いにかかわらず買い取りしてもらえるでしょう。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)