事故車は買取ってもらえないの?

「事故車は買取してもらえないから廃車にしよう」と考えていませんか?ですが、事故車でも値を付けてもらえることが普通にあります。ここ数年で海外に販路のある買取業者が増えており、事故車でも需要の高い国外へ輸出して利益を上げている業者が多くなっているのです。しかし、「事故車」の定義をしっかりと知っておく必要があります。「事故車」という車は実は存在しません。「事故車」というのは「修復歴の有る車」の俗称です。修復歴の有る車というのは、(1)フレーム(2)クロスメンバー(3)インサイドパネル(4)ピラー(5)ダッシュパネル(6)ルーフパネル(7)ルームフロアパネル(8)トランクフロアパネル(9)ラジエーターコアサポートに損傷があり、修理や交換を受けたことのある車を指します。つまり、いくらボロボロの状態であっても、これらの部分に修復歴が無ければ「修復歴の有る車」にはなりません。修復歴の有る車は、正常な状態の車に比べると買取価格が安くなってしまいます。ですが、最初に述べたとおり、修復歴の有る車であっても価格を付けてくれる業者はあります。ですので、廃車にする前に、一度買取査定に出されることをオススメします。ただ、修復歴が有ることを必ず申告して下さい。修復歴が有ることを隠しても必ずバレます。もし、査定士が見逃したとしても、買取業者は持ち帰った車を確認しますので必ずわかります。修復歴を隠していたことがバレると契約を解除されたり損害賠償を請求されたりするので、修復歴が有ることを必ず申告してくださいね。

 

事故車を売るなら「かんたん車査定ガイド」がオススメです。海外に販路のある業者がたくさん参加しているので、買取拒否されるのを極力避けることができます。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)