古い車は廃車にする?買取査定に出す?

「かなり古い車を売りたいけど、もう価値が無いだろうから廃車にしよう・・・。」「かなり古い車は買取査定に出せるのだろうか?」こんなに風に思われている方もいるかもしれません。結論から言うと、廃車にするのは損です。廃車する場合、まず8000円〜20000円程度のリサイクル料を支払わなければなりません。その他にも、車両の引取手数料や書類手続きのための手数料などがかかり、車両によっては全部で5万円もの出費となる場合があります。一方、買取査定にかかる費用は無料です。かなり古くてボロボロの車でも、部品だけを抜き取って再利用される場合があるので、価格を付けてもらえることが頻繁にあります。また、日本国内では価値がないと判断されても、海外ではまだまだ需要があります。海外では、国内で廃車同然となるような日本車がまだまだ走っています。国内には廃車同然のかなり古い車を海外に輸出している買取業者がたくさんあり、買取実績も豊富です。「かなり古いから」という理由だけで廃車にするのはとても勿体ないですよ。少しでも高く買取ってもらい、新車の購入代金などにあてませんか?中古車オンライン査定を使って、廃車同然の古い車でも買取りしてくれる業者を探してみましょう。

 

かなり古い車でも価値が0になるわけではありません。まずはあなたの愛車の価値がどれくらいなのかを確認してみませんか?

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)