フォレスター 下取り 安い

フォレスターの下取りが安いって本当?車の買取を実際にやってみた
MENU

エアコンの通風口に取り付けるタイプの芳香剤で、エアコンの風を使い、効率よく車内に香りを広げることができます。中身は液体から、素材に香りが染み込ませてあるものなど様々。香りの強さも風で調整でき、一度取り付ければ効果がなくなるまでそのままで良く手間もかかりません。見た目も可愛いものからデザイン性の高いものまであり、車内のインテリアとしても一役買ってくれるでしょう。

 

ただ、サイズが小さくエアコンを付けなければ、香りが感じられないなどという欠点があります。また、エアコンルーバーの形状により取り付けられない場合があるので購入前にチェックが必要です。
5. ディフューザータイプ

 

多くのディフューザータイプは、車内のシガーソケットから熱源を取り、アロマを車内に拡散させることでその役割を果たします。すでに香りが固定されているその他の芳香剤と異なり、その日の気分に合わせて自由に好きなアロマオイルを使い楽しめるという利点があります。

 

何度も繰り返し使えるという利点がある一方、ディフューザーやエッセンシャルオイルの価格は高めで、アロマを染みこませるパッドも数ヶ月に1度の交換が必要になります。また、香りの持続性が低く、数時間かビビッドなカラーが目をひく、可愛い「ひとがた」芳香剤です。付け方はとても簡単。エアコンの送風口に両手を差し入れセットすれば設置完了!香りは素材に練りこまれており、風に乗って車内を包んでくれます。香りがなくなった後は、そのまま飾っておくも良し、家に連れ帰ってオブジェとして使うも良し。個性的な商品が好きな方におすすめの車用芳香剤です。

 

香りは全部で9種類。車用ですが、扇風機などに付けて楽しむこともできますよ。香りの強さの調整ができないので、強過ぎると感じた場合は、部屋などでしばらく使ってから車で使用すると良いかもしれません。また、ひとがたの手には伸縮性がないため、エアコン送風口の形によってはつけにくいこともあるでしょう。

 

こちらは、好みのアロマを車内で楽しむためのアロマホルダーになります。商品そのものには香りは含まれておらず、付属のパッドに手持ちのアロマを含ませ、エアコン送風口に取り付けることで、香りを楽しめるようになっています。

 

車用芳香剤のアロマディフューザーの多くは、シガーソケットに接続し、その熱源を利用してアロマを拡散させるものになっていますが、こちらはエアコンの風を利用するタイプになるため、安全性もより高くなっています。また、熱で拡散させる場合は数時間ごとにアロマを追加する必要がありますが、こちらは2、3日と若干持続性は良くなっています。

 

アロマホルダー自体は他の芳香剤に比べ高額ではありますが、専用パッドは1枚で3ヶ月程度使用可能。このパッドが5枚ついてきますから、最終的なコスパは優秀なのではないでしょうか。パッドは追加購入可能です。

このページの先頭へ